野球

阪神メッセンジャーの日本愛が凄すぎる理由は?日本人登録も考察してみた

阪神タイガースメッセンジャー投手!この外国人の名前を聴くと、我々タイガースファンは胸を熱く致します。

 

2019年度から阪神タイガースメッセンジャー投手は、外国人枠を外れ日本人登録になりました。阪神タイガースの外国人助っ人としては初めての事ですね。

 

しかし、昨年までの9年間も外国人助っ人でありながら日本人魂を魅せて頂き、我々阪神タイガースファンの心を鷲掴みにして下さいました。

 

2019年シーズンは、少し調子を落としている阪神タイガースメッセンジャー投手です。しかし、本日(2019年7月10日)の読売巨人軍戦を境に後半戦は又、昨年までの熱投を我々阪神タイガースファンに魅せてくれるはずです。

 

そんな阪神タイガースメッセンジャー投手はどうしてそんなに日本愛、日本人魂を持っているのか?

 

又、阪神タイガースメッセンジャー投手が2019年取得した日本人登録についても少し触れていきます。

 

阪神タイガースメッセンジャー投手の日本愛が凄いのは?

 

阪神タイガースメッセンジャー投手の日本愛が凄いのは、日本という国を愛しているという事もあります。

 

しかし、阪神タイガースメッセンジャー投手の日本愛が凄い主な理由は、ズバリ!日本のラーメンが好きだからでしょう(笑)

 

メッセンジャーと日本とラーメンと

 

メッセンジャー投手が2010年のシーズン、阪神タイガース入団が決まったのが2009年のオフです。

 

その時に日本に行く事に一番不安を抱えていたのが実は、ベースボールから野球に変わる事でもなく、日本の習慣などでもなく、食事に対して一番の不安を抱えていたのです。

 

阪神タイガースメッセンジャー投手はメッセンジャー少年の頃から、食べ物の好き嫌いが激しく、野菜は殆ど食しなかったのです。

 

その中での、来日したメッセンジャー投手は、日本の二つの食事にはまったそうです。

 

  • ステーキ
  • ラーメン

 

この二つに阪神タイガースメッセンジャー投手はどっぷりはまってしまいました。しかし、ステーキはなかなか登板前に食べたりする事が出来ないヘビーな食事です。

 

よって手軽に食べれるラーメンに、どんどんはまって行った阪神タイガースメッセンジャー投手!でした。

 

阪神タイガースメッセンジャー投手の好きなラーメンとラーメン屋さんは?

 

阪神タイガースはセントラルリーグに所属している球団です。よって、良く訪れるセントラルリーグの球場の周辺のラーメンの順位をあげてみますね。

 

二年前の記事になります。

 

球場の中心付近からおよそ半径1.1km程度の範囲にあるラーメン店を抽出し、口コミレビューの特点をもとに独自の採点でお店の得点の合計を算出した。

球団別の順位を見てみよう。

1位:DeNA  19590.8点
2位:巨人  8554.72点
3位:ヤクルト 1835.16点
4位:広島  637.08点
5位:中日  426.39点
6位:阪神  207.96点   (2017年12月27日現在)

出典:https://bunshun.jp/articles/-/5743

 

阪神タイガースの本拠地であります阪神甲子園球場の周りは、確かにそんなに食べるところがないのである意味仕方がないですよね。

 

また、横浜と言えば中華街があります様に、ラーメン激戦地といえるかもしれません。阪神タイガースメッセンジャー投手の一番好きなラーメン屋さんとして挙げているのが「吉村家」さんです。

 

吉村家さんのラーメン

 

吉村家さんのラーメンは横浜の家系ラーメンの基礎になっています。横浜の家系ラーメンは基本的にはスモークしたチャーシューとほうれん草と海苔が3枚トッピングされています。最近はほうれん草を入れていない横浜の家系ラーメンなどもありますが、基本的にはほうれん草が入っていることによって横浜の家系ラーメンだとわかるようになっています。海苔が入っているのも特徴です。

出典:https://travel-star.jp/posts/6522

 

何かすごいブログになって来ましたね。カテゴリーは野球です。その野球のブログにラーメンの写真とラーメン屋さん情報まで載せてしまいました。

 

それ程、阪神タイガースメッセンジャー投手とラーメンは切っても切れない関係で有り、メッセンジャー投手の活躍はラーメンに掛かってると言えるでしょう。

 

阪神タイガースメッセンジャー投手の日本人魂が観れた瞬間はどんな時?

 

阪神タイガースメッセンジャー投手が外国人助っ人でありながら、日本人魂を魅せてくれたシーンを挙げてみましょう。

阪神タイガースナインの証言

 

阪神タイガースメッセンジャー投手は、練習の時から自分の事だけではなく、フォアザチームの精神で野球を行っている事がわかる同僚のコメントを拾ってみます。

 

「ホームゲームの時の試合前練習は2か所でバッティングをして、それ以外の選手はその打球をとるために外野を守っているだろ? でも投手陣も外野でアップしているから、外野手は定位置よりも前に守ってバッティング練習の打球を捕球しないといけない。若手にとってはただバッティングの捕球をするのではなく、生きた打球を捕る絶好の練習の機会でもあるわけ。だから少しでも定位置に近い場所で若手が守れるように、投手にアップするときに二手に分かれてくれないかと提案したんだよね。

出典:https://bunshun.jp/articles/-/6716

 

 

上記のコメントを言ってくれているのは、大ベテランであり阪神タイガースの主将を務めています福留孝介外野手です。上記の提案に対して、阪神タイガースメッセンジャー投手は、以下のように答えています。

 

そしたらランディーが率先して“もちろんいいよ!”と言ってくれた。若手の守備力が上がればチーム力も上がるという事を理解していて、チームのことを考えてくれているよね」。個人の結果だけでなく、チームのことを考えているあたりも日本野球に馴染んでいるように思えます。

出典:https://bunshun.jp/articles/-/6716

 

プロ野球選手は、もちろん個人事業主です。個人と球団が契約をしています。よってチームがいくら調子が良くても、自分の成績が良くないと年棒もあがりません。

 

その事を重々分かりながらも、チームの事を最優先に考えてくれている阪神タイガースメッセンジャー投手は、日本人より日本人らしい外国人助っ人と言えます。

 

あっ、もう外国人助っ人ではありません。2019年シーズンから外国人助っ人から日本人登録になった阪神タイガースメッセンジャー投手ですね。

 

その外国人助っ人の日本人登録についての考察を次項でお伝えいたします。

 

 

外国人助っ人が外国人枠を外れるには何が必要?

 

ここで、NPBにおける外国人助っ人の外国人枠から外れる条件をおさらいしておきましょう。

外国人助っ人が国内FA権を取得

 

NPBの日本人選手の国内FA権を取得すれば、他球団の移籍が自由に出来る権利が与えられ、また、無条件に外国選手枠から外れるのです。

 

国内FA権とは?

 

FA=フリーエージェントの事を言い、フリーエージェントとはいずれの球団とも選手契約を締結できる選手の事をいいます。

そのFAは

  1. 国内FA権
  2. 海外FA権

 

の二つのFA権があります。今回の、阪神タイガースメッセンジャー投手の場合は国内FA権になります。

国内FA権は8シーズン一軍選手登録、海外FA権は9シーズン一軍選手登録をされる事としています。1シーズンの日数は145日とされています。

 

勿論、一軍にこれだけの日数(145日)登録されるのには、一軍で活躍していないと登録される事はないので、一流選手の証だといえますね。

 

その国内FA権を取得した阪神タイガースメッセンジャー投手は、日本人魂を持った助っ人としてチーム内外で評価されていました。

 

しかし、ここまでの成績はメッセンジャー投手としては、納得がいっていないはずです。もうひと踏ん張りして欲しいと願います。

 

阪神タイガースメッセンジャー投手現役引退!!

 

2019.9.13に今シーズンから日本人登録をし、心機一転頑張って来られました阪神タイガースメッセンジャー投手が現役を引退されました。

 

長年、阪神タイガーズのエースとしてチームを引っ張って来て頂いたメッセンジャー投手には感謝しかございません。ありがとうございました。

 

 

長年、バッテリーを組んでいた阪神タイガース梅野隆太郎捕手も感謝の意を示しておられますね。

2019.9.29 阪神タイガースメッセンジャー投手ラスト登板!!

 

阪神甲子園球場での、対中日ドラゴンズ戦でラスト登板を行いました。10年間本当に、阪神タイガースの為にありがとうございました。

 

 

 

2019.9.18阪神タイガースメッセンジャー投手の引退会見が行われました。目に涙を貯め甲子園と阪神タイガースとファンへの愛と感謝の言葉を述べられていましたね。

 

今季限りでの現役引退を発表した阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)が18日、兵庫・西宮市内のホテルで引退会見を開いた。13日の引退表明後、公の場で口を開くのはこの日が初。ユニホーム姿で登場した右腕は、外国人選手としては異例の引退会見で、涙ながらにファンに向けた感謝の言葉で激闘を振り返った。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000052-dal-base

 

 

もう一度皆様と、10年間我が阪神タイガースの為に熱投してくれていた全盛期のメッセンジャー投手を目に焼き付けておきましょう。

 

 

おわりに

 

まとめ

お読みいただき誠にありがとうございました。

今回、初めてNPBの外国人の選手を取り上げてみました。

実際は、外国人枠を外れているので、ジャパニーズのメッセンジャー投手と

言えるかもしれないですね。

阪神タイガースメッセンジャー投手も、日本に来てもう9年目です。

年齢も39歳と野球選手としては高齢な選手として捉えられる様に

なってきました。

しかし、まだまだぜったいやれるはずです。何と言っても、

阪神タイガースメッセンジャー投手は阪神タイガースのエースですから

間違いないです

本日(2019年7月10日)の対巨人戦でスカッとした快投・熱投を魅せてもらいましょう!

頑張れ!阪神タイガースメッセンジャー投手!!

ABOUT ME
h.hatanaka
ランニング特にマラソンの事を詳しく知っているcaptainです。野球も高校までしていましたので技術的な事も結構知っていますし、NPBの選手情報も詳しいです。