野球

北海道日本ハム小笠原道大ヘッドコーチの役割は?栗山監督との違いも検証

 

2020年NPBのスプリングキャンプがとうとう始まりましたね。今年2020年はNPBのペナントレースが少し早く3月20日のセリーグ・パリーグ同時スタートになっています。

各々のチームが少し早めの仕上げを余儀なくされ、主力も初日からフルに動いている状況です。又、2020年は東京オリンピックの年でもあり、野球日本代表いわゆる侍JAPANに選ばれたい選手にとっては、オープン戦からアピールの場になりそうですね。

その中で2020年NPBの球団の中で、筆者が注目しているのは北海道日本ハムファイターズです。

元々の北海道日本ハムファイタースの主力選手だった小笠原道大氏が一軍のヘッドコーチとして復帰されましたね。

 

現役時代叩ぎ上げでの凄まじい練習で主力に昇りつめた小笠原道大氏と現役時代から理論的な野球で活躍し、又北海道日本ハムファイタースの監督になっても選手の自主性を重んじてきた栗山英樹監督。

 

北海道日本ハムファイターズの上記の首脳2人の関係性をこのブログでは掘り下げていきます。

北海道日本ハムファイターズは小笠原道大ヘッドコーチに何を求めている?

 

 

北海道日本ハムファイターズ小笠原道大選手の足跡は?

 

 

北海道日本ハムファイターズ栗山英樹監督の足跡は?

 

 

おわりに

 

 

まとめ

お読みいただき誠にありがとうございました。

 

ABOUT ME
h.hatanaka
ランニング特にマラソンの事を詳しく知っているcaptainです。野球も高校までしていましたので技術的な事も結構知っていますし、NPBの選手情報も詳しいです。