野球

福岡ソフトバンクホークス和田毅が打たれない理由は?松坂世代の近況まとめ

 

2019日本シリーズもいよいよ佳境を迎えましたね。セントラルリーグの覇者読売巨人軍とパシフィックリーグの覇者西武ライオンズを下克上で破り、日本シリーズに進出してきた福岡ソフトバンクホークスの一騎打ちも第4戦迄来ましたね

 

2019.10.23に行われる2019日本シリーズ第4戦の試合前現在では、圧倒的な力の差を見せつけて福岡ソフトバンクホークスが3勝0敗で読売巨人軍をリードし、日本一に王手を掛けています。

 

その大事な第4戦の先発を任されたのは福岡ソフトバンクホークス和田毅投手です。相手の読売巨人軍は大エース菅野智之投手ですね。

 

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅は16年前の2003年にも日本一の胴上げ投手に成っており、今回もその再現が期待されています。

 

今回こちらで紹介させて頂きますのは、16年経っても色褪せない福岡ソフトバンクホークス和田毅投手のピッチングを掘り下げると供に、和田毅投手と同年齢の松坂世代の方々の近況もまとめてみますね。

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手はどうして打たれないの?

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手は、2002年秋のドラフト会議の自由獲得枠で早稲田大学から福岡ダイエーホークスに1位指名されて入団しました。

 

 

入団当時から、その類稀なる投球術で打者を抑えてきましたね。しかし、同期の松坂大輔投手の様な150㎞/hを超えるスピードボールが有る訳では無く、又同じチームで同期の杉内俊哉投手の様な目を見張るキレのあるボールを、投げていたわけではない和田毅投手。

 

 

何故、福岡ソフトバンクホークス和田毅投手が未だに日本シリーズという大舞台の、その上日本一が決まるかもしれない試合の先発に起用される程、未だに戦力として期待されているのかをここでは掘り下げていきますね。

 

それは福岡ソフトバンクホークス和田毅投手の投げ方や、球質に秘密が隠されているのだと想像されます。

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手のストレートの質は?

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手のストレートは、魔球140㎞/hのストレートと言われています。

 

 

上記のビデオを確認させて頂きますと、対戦する打者が主に直球がスピードガンより速く感じるみたいですね。

 

  1. 初速と終速の差が5km/h程しかない
  2. ストレートの回転が真っ直ぐ(直角)ではなく斜めの角度がついている
  3. ②の角度が付いてるため球が伸びて見える

 

よって、140km/hも行かないスピードボールで強打者を打ち取れるんです。いわゆる、錯覚を狙った投球だと言えます。

 

打者というのは、一番打ちにくいのは速いストレートだと言われています。しかし、それはスピードガンの数字ではありません。打者が実際体感するスピードが問題なのです。

 

06年に中日からソフトバンクに移籍してきたキャッチャーの田上秀則によると「和田のストレートは、スピードガンの表示より5kmは速く感じられた」という。

実際のスピードと体感スピードの違うピッチャーです。実際は140kmなのに、受けている側は145km以上に感じるんです。

だから打席でバッターは〝狙っている真っすぐがきてもとらえ切れない。ファウルになる〟と、よくこぼしていましたよ

出典:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48862?page=5

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手の投球フォームは?

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手は決して大きい身体の投手ではありません。角度が付いているボールを投げれる訳ではありませんね。

 

それを考えますと、相手打者が嫌がる投球フォームで投げるしかないのです。福岡ソフトバンクホークス和田毅投手のフォームの特徴は以下の3つです。

 

  1. 投げている左腕がなかなか打者に見えてこない
  2. 投げている左腕がコンパクトである
  3. 左腕からリリースされるポイントが打者に異常に近い

 

③リリースポインドが打者に異常に近いというのは、所謂(いやゆる)対戦した打者において体感スピードが速いという証明だと感じますね。

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手の投球に関する考え方は?

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手が投球の中で一番考えている事は、如何に投げる球に力が込められるかだと想像出来ます。

 

正義 和田さんは野球への姿勢やメンタリティーがすごい。体重移動や体の使い方を学びました。和田さんは(体重移動の)時間が長い。ダルビッシュさんや涌井さんも動画で体重移動の仕方を見ます。投球の一番大事なところ。

出典:https://www.nikkansports.com/baseball/news/201801040000286.html

 

2017年度ドラフト1位で福岡ソフトバンクホークスにドラフト1位で田中正義投手も、和田毅投手の投球の中での体重移動の重要性を説いています。

 

2017年ドラフトであれだけ競合した福岡ソフトバンクホークス田中正義投手が、未だに福岡ソフトバンクホークス一軍にて活躍出来ていない事を考えますと、如何に福岡ソフトバンクホークス和田毅投手の投手としての技術力が高いのかが分かりますね。

 

 

 

松坂世代の近況は?

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手と言えば、1981年生まれ(2月21日)なのです。NPB(日本プロ野球機構)で一時期一世を風靡したいわゆる松坂世代なのです。

 

全てという訳には行きませんが1980年4月~1981年3月の松坂世代の近況を報告しましょう。

 

元中日ドラゴンズ松坂大輔投手の近況は?

 

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手、元読売巨人軍杉内俊哉投手、阪神タイガース藤川球児投手と色々松坂世代の選手が居ます。

しかし、トップランナーを走っている松坂大輔投手の近況を紹介しておきますね。

 

西武が中日退団を表明した松坂大輔投手(39)の獲得に乗り出すことが濃厚になっているが、ここまでこぎ着けるのに6年を要した。

出典:https://www.zakzak.co.jp/spo/news/191008/bas1910080002-n1.html

 

埼玉西武ライオンズで松坂大輔投手は、プロ野球選手のラストを飾って欲しいと願うのは筆者だけでは無いと感じます。

 

 

阪神タイガース藤川球児投手は?

 

2015年のシーズンオフに阪神タイガースに復帰してからは、2016年~2018年までは昔の輝きを取り戻せなかった藤川球児投手でした。

 

しかし、2019年には抑え候補の阪神タイガースドリス投手の不調により、見事に阪神タイガース藤川球児投手は抑えのエースに復活しましたね。

 

来年からも阪神タイガースの抑えのエースとして君臨し続けるでしょう。又、松坂世代初の名球会会員になる可能性もあります。

 

 

素晴らしい活躍でしたね阪神タイガース藤川球児投手。来年2020年も、我が阪神タイガースの為に頑張って頂きたいですね。

 

 

2019.10.23 福岡ソフトバンクホークス祝10度目日本一&日本シリーズ3連覇!!

 

2019.10.23にセントラルリーグシリーズ覇者の読売巨人軍を4勝0敗で、福岡ソフトバンクホークスは10度目の日本一に輝きましたね。

 

2019日本シリーズ第4戦で、先発投手に起用された福岡ソフトバンクホークス和田投手は5回71球1安打6奪三振で見事に16年ぶりの日本史リース勝利投手になり、福岡ソフトバンクホークス日本一に貢献しました。

 

 

おわりに

 

まとめ

お読みいただき誠にありがとうございました。

福岡ソフトバンクホークス和田毅投手の投球術は今でも

色褪せないですね。

流石です。

 

 

 

ABOUT ME
h.hatanaka
ランニング特にマラソンの事を詳しく知っているcaptainです。野球も高校までしていましたので技術的な事も結構知っていますし、NPBの選手情報も詳しいです。